スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
旅も後半
- 2011/04/26(Tue) -
P4220272.jpg

これ、プラハの本駅だけどやっぱり色使いがまるで違う。ヨーロッパ各国への国際列車もここが発着だ。プラハに飽きたら今ドイツのハンブルグに知り合いの法律家の先生いるので遊びに行ってみようなとも思ったけど、調べたら7時間かかるので今回はちょっとあきらめ。そうこうしているうちに旅は後半である。

IMG_3504.jpg

今まで連日快晴続きだったけれどそろそろ天気に変化が出て来た。今日は朝からにわか雨が降ったと思ったら突然陽が差して来たり、、でも写真的には変化があって楽しい。しっとりとした石畳の上を路面電車が走るのもまたプラハっぽくていい感じ。これだけの長期間を一都市に滞在するのは写真を撮る上でとてもメリットが大きい。そのポイントの一番美しいと思える時間をじっくり狙える。旅先のホテルでパソコンを前に作品づくりが出来るのはとても贅沢ある。
この記事のURL | PRAHA | CM(0) | TB(0) | ▲ top
プラハはエスニックな街だった。
- 2011/04/25(Mon) -
IMG_2950_20110425213955.jpg

プラハは思っていた以上に英語がよく通じる。屋台でもレストランでも、、そして若者たちはとても流暢な英語を話す。今までヨーロッパのいろんな都市に行ってるけど、今回ほど英語が通じる街ははじめてだ。

プラハも空前の寿司ブーム。ショッピングモールのレストランには回転寿しの店もある。そろそろ胃が疲れてきたのでためしにおとといホテルの近くの日本食のレストランに入ってみた。巻き寿司を食べてみたらこれが驚くほどうまい! 店の中に表彰状があったのて観てみたら、ここのチェコ人の板前さん、、なんと国際寿司コンクールなるやもので優勝経験もあるらしい。他にも「世界寿司スタジアム」とかいうイベントで賞も取っている。なんちゃってではないわけだ。この「世界寿司スタジアム」は静岡で開かれたらしく、僕が静岡にか住んでいる、、と言ったら、自慢のマグロのあぶりとろの握りをサービスしてくれた。これが盛りつけといい実に美しい。かなりびっくり。
あとタイ・マッサージもブームなようでどこの店もにぎわっている。
プラハはかなりエスニック度が高く、文化や思考が外に向かっている。これも社会主義とファシズムの中で自由や言論が抑圧されてきた歴史の反動なのかもしれないとふと思った。
この記事のURL | PRAHA | CM(0) | TB(0) | ▲ top
イースター
- 2011/04/24(Sun) -
IMG_3200.jpg

日本人にはあまりなじみのないイースターだけど、キリスト教の国々ではクリスマスに続く大切な日。
イースターの日付は毎年変わる。春分後の最初の満月から数えて最初の日曜日、、今年は今日なのだ。

今日は午前中にプラハ城の近くにある聖ミクラーシュ教会に行って来た。ここの内装は本当に見事! 圧倒されてしまった。18世紀の初頭に建てられた教会で、なんと1787年にモーツァルトがここでオルガン演奏をしたらしい。モーツァルトが亡くなった時には世界に先駆けてここで追悼ミサが行われた。本国のウィーンとは大違い、、あらためて帰ったら映画「アマデウス」を観ることにしよう。
この記事のURL | PRAHA | CM(0) | TB(0) | ▲ top
明日はイースター
- 2011/04/23(Sat) -
IMG_2922.jpg

お恥ずかしながらこちらに来るまで今年のイースター(復活祭)が4/24だということは全く知らなかった。
たまたま今回は出発が早まったのも何かのご縁、、というかとてもラッキーなことだ。
どおりで毎日街が賑やかなはず。街にはイースターエッグを売る店やたくさんの露店が所狭しと立ち並んでいる。
写真は旧市街広場。こちらに来てからだいたい夕方はこの広場を訪れる。イースターを挟んで毎日のように夕方からライブをやっているので、これを観ながらビールを飲むのが日課になってきた。
昨日はブラジルのバイーア・サウンドのバンドでこれがめちゃうま。サンバのリズムに合わせてステージの前でみんな踊りだす。まさにみんなプラハの春の訪れを楽しんでる感じ。今日も快晴。お天道様に感謝。

IMG_2954.jpg

IMG_2904.jpg

この記事のURL | PRAHA | CM(0) | TB(0) | ▲ top
そろそろ本気モード
- 2011/04/22(Fri) -
IMG_2752.jpg

プラハ5日目。昨日までは一応ロケをかねて観光ポイントを歩き回ってきましたがボチボチ本腰入れて写真を撮らねば、、ということで今朝は4時半起床。カレル橋の朝の風景を撮影してきました。ここは昼間行くと観光客でごったがえしていてとても写真撮れる状況ではありません。というわけで夜明け前に到着。さすかに人はほとんどいないなあと思ったら、、やっぱりカメラマンはいました。朝日が昇る頃には10人ぐらいになっていたかなあ。やっぱり朝の空気は気持ちよくて素晴らしかったです。

昨夜のキャンディーズのスーちゃんの悲報にはショックを受けました。哀悼。
この記事のURL | PRAHA | CM(0) | TB(0) | ▲ top
前ページ | メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。